お知らせ

  • 面会制限解除のお知らせ

    インフルエンザ感染予防のため1月から、加えて新型コロナ感染拡大防止のために3月から引き続き利用者への面会制限をお願い申し上げてきましたが、本日から解除します。ただ、次の地区にお住まいの方は6月19日以降での面会をお願いします。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道、北九州市の地区です。

    面会場所については任運荘、騰々舎とも指定の面会室とさせていただきますのでご協力をお願いします。また、来訪の際には手指消毒、検温と健康チェック表への記入をお願いしています。マスクは施設から来訪時にお渡ししますのでご利用ください。発熱や風邪症状の方は症状がなくなって医師に相談の上での面会をお願いします。ご心配の方は事前に施設までお問い合わせください。

    面会についての条件は県内外の感染の状況に応じて変わりますので、面会の際は事前にお問い合わせください。

    なお、任運荘についてはビデオ面会は引き続き実施していますのでご利用ください。グーグルのハングアウトを使用しています。任運荘のGメールアドレスはninunsou@gmail.comです。わからない点がありましたら相談員の森、宮崎までお尋ねください。


    2020/05/29
  • 本年10月1日より実施されました、特定処遇改善加算制度についての任運社の取り組みを下記の通りご案内します。

    >>特別養護老人ホーム任運荘介護職員等特定処遇改善計画書

    >>障がい者支援施設騰々舎介護職員等特定処遇改善計画書

    >>特定処遇改善加算による任運社賃金改正内容

    >>賃金改正による具体的な賃金内容

    2019/10/11
  • f吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセイ’’先妻・後妻’’アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。


    >>任運騰々 先妻・後妻

    2020/07/03
  • f吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセイ”先夫・後夫”アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。


    >>任運騰々 先夫・後夫

    2020/06/26
  • f吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセイ”「寮母は宝」されど”アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。


    >>「寮母は宝」されど>

    2020/06/19
  • f吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセイ”寮母は宝2”アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。


    >>寮母は宝2

    2020/06/12
  • f吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセイ”寮母は宝”アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。

    >>寮母は宝

    2020/06/05
  • 吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセー”完成人・村上あやさん”アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。

    >>完成人・村上あやさん

    2020/05/30
  • オレンジカフェ「煙仲間」再開のお知らせ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のために、オレンジカフェ煙仲間は3月から休止しておりましたが、大分県内での感染発生が見られないため、カフェを再開することにしました。

    6月3日(水)から従来通り、毎週水曜日が定例カフェの日となります。予約利用についても随時受け付けております。

    なお、発熱がある場合はご自宅での静養をお願いします。

    それではご来店をお待ち申し上げます。

    2020/05/29
  • 吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセー”任運騰々 山美しく人美しい”アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。


    >>任運騰々 山美しく人美しい

    2020/05/22
  • 吉田嗣義著の「任運騰々」(1997年)のエッセー”任運騰々 「先生」たち―三題”アップしました。
    毎週金曜日に順次紹介していきます。まとめてみるには「読み物 著・吉田嗣義」の『任運騰々』欄をご覧ください。


    >>任運騰々 「先生」たち―三題

    2020/05/15

>>すべてのお知らせ記事一覧